2009年06月27日

HC東京vsかながわガビアーノ

20―23
かながわガビアーノ勝利

首都圏の時と変わって、ロースコアを保ちつつ、機会があれば連続得点とガビアーノお得意の展開に。最大5点差ガビアーノリードを取られてしまう。

守備重視チームで5点差は絶望的だったが、試合終了3分前には1点差まで縮める事ができたのが収穫だと思います。

本当の勝負は、明日。
posted by mctia at 18:34| Comment(51) | HC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HC東京vs埼玉白小鳩

24―24

7mスロー
3―1

HC東京勝利
posted by mctia at 13:07| Comment(0) | HC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

東京ベイFC第二クール三試合

上手く戦い抜いている印象です。

東京海上に敗れたものの、完全アウエーの警視庁に勝ちきり、佐川コンピューター戦も引き分けと言う「結果」をだした。
残り試合数と勝ち点のバランスを見ても、いい感じです。

だけど、本当の戦いはこれから!
不調ぎみのFC新宿とプログレッソ、去年の戦いを忘れない青梅FCもこの状況で黙ってないと思います。
まだまだ試練が多いですが、これに勝ち抜けてこそ関東大会で決勝まで行く資格を持つものだと思います。
posted by mctia at 22:21| Comment(0) | 東京ベイFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京23SC第二クール三試合

青梅FC・DIEGO戦は私用で、アストラ倶楽部は雨での中止があると思い、私学事業団での試合は行っていませんです。
結果だけを見ると、一転して残留に苦境に立たされました。



今年は昇格組みの二チームが勝ち星を積み、去年の一部チームの内に二チームの降格率が高いこの状況。
青梅FC・DIEGOはともかくアストラ戦の負けにて、もう一試合無茶をしないといけなくなりました。
ボーダー上にいるFC青山とむさしのFCに勝つのは、残留のためなら勿論。残り試合を考えるとプログレッソか三菱商事を倒し、勝ち点ラインを上げる必要があります。
今年の残留争いは、勝てないドツボに嵌っているチームが少ないだけに厳しくなります。他のチームを巻き込む事が出来ない残り試合、どれだけ残りたい気持ちがあるかが、勝負の鍵です。
posted by mctia at 22:06| Comment(0) | 東京23SC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

東京23SC第一クール五試合

とりあえず情報公開もOKになったので。(本当は四月中旬でOKになってたのですが)

東京23SCはHBO東京と併合しました。
今シーズンは東京23SCをトップチーム・HBO東京がサブ的な位置づけで活動します。


チーム状態としましては、内山・木村・尾林・牧選手の東京ベイFCへの移籍。
そして、山口選手がキャリアアップのためアメリカへ。
特に山口選手の移籍が痛いと思いました。
東京23SCを観て長い間、前線にて前を向いてボールを受けた時のゴール決定への期待感は凄ましいかった。東京23SCは攻撃力でなく破壊力だと言う象徴的な選手。二年目の前田祐太選手の移籍以来の大きな移籍だと思います。


その中での第一クール、東京ベイ・警視庁・東京海上・新宿FC・東芝府中の優勝候補五連戦。併合してのこの戦い、勝ち負けと言う結果よりも、この連戦でチームの戦い方が実戦にて確立できるかを焦点で観てました。


まず守備面、開幕戦はともかく完全に安定してました。
去年の大量得点・大量失点が特徴のチームに比べ、多少押されても安心して観戦できました。バイタルエリアが強化され、それにともない新たな攻めのオプションも展開が可能になりました。


そして、攻撃面。東京ベイ・警視庁戦にて多くの怪我が発生。試せない期間が長かったのは痛いです。しかし、FC新宿戦にて続々復帰。走るタイプの選手が多い印象、プラス相手を背負い溜めの作れる選手もいるので、去年までも絶対的破壊感はないものの攻撃オプションは確実に増えています。試合をクローズに入った東京ベイFCに対して2得点。前線選手復帰後の新宿と東芝府中に対して点を獲得と、新たに期待できる内容だと思います。


東京23SCとHBO東京の併合と言っても、他のチームからの移籍選手も上手くかみ合い。チームとしての熟成は上手くいっていると思います。特に印象的だったのが東京海上戦後、年齢関係無くお互いにチームも意見を相談しあい、指示待ちではなく意志をもってチームを作っている所に手応えを感じました。


FC新宿に勝ちましたが本当の逆襲はこれから。葛飾区での私学事業団での開催も決定。葛飾・江東と、「東京の川のチーム」としても活躍に期待できると思います。
posted by mctia at 05:17| Comment(0) | 東京23SC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ベイFC第一クール三試合の感想

最初の三試合にて、まず弱点を確実に補強できた事が大きいと思います。
去年の終盤、東京都カップと両サイドバックを突破されるとディフェンスバランスが崩れると言う思ってもいなかった弱点が勃発。
そこで、木村選手が移籍後ボランチで定着する事で、攻撃的な守備の鈴木選手を左サイドバックに置く事ができるようになった。
そして、右サイドは日高選手の登場。攻撃的ではないが受けのディフェンスで安定感が増し、裏を取られる事が無くなった。なによりもこれが一番大きいと思います。


東京23SCでも出席率が高いレギュラータイプの木村選手、鈴木・日高選手とも出席率の高いのでディフェンスは安定したといえる。


前線では、今シーズンの町田選手の出席率の高さに目を引く。
三戦とも出場、三菱商事戦では常に二人マークされるほどの存在感。
さらに、内山選手の加入で攻め手が増え田中選手の負担が減った。


元々センターラインがしっかりしているチーム。
さらに戸田・加藤・牧選手とオフェンスオプションも増え、この状態で最後までリーグを戦えたら優勝も狙える位置までいると思います。


とは言え、なにが出てくる。そしてなにが起こるのか解らないのが都リーグ。これからの戦いに注目です。
posted by mctia at 04:13| Comment(0) | 東京ベイFC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

サッカーの季節がはじまる

明日になると、東京都社会人サッカーリーグ1部が始まります。

開幕カードはプログレッソ東京vs青梅FC
そして、東京ベイFCvs東京23SC


いきなりクライマックスですね。
この当たり方はいったい・・・
14チーム総当たり戦だから、こういう事もあるのかな?と


東京23SCは今年は天皇杯都予選未エントリー。(東京海上やC.A.REAL TOKYO・去年のアストラ倶楽部など未エントリーなクラブがある。)
東京ベイFCはまさかの3回戦負けでした。
開幕まで、とても長かった気がします。


むさしのFC・佐川コンピューターシステム・三菱商事サッカー同好会が1部参加。関東からはTFSCが降格により参加。
チームの名や伝統では無く、起こった事がそのまま結果に繋がるこのリーグ!
看板や肩書きなど関係無い、勝ち上がる、そして生き残る事がドライに出る。ちょっと油断すると、昨日の勝者が気が付けば今日の敗者になる事もある。裏返しに言えば可能性がある限り、絶対は無いと言うリーグ。
今年はどんなドラマが待っているのか楽しみです。


開幕戦から私にとって中立試合の東京ベイFCvs東京23SC。
会場は駒沢第二球技場。18時試合開始!
posted by mctia at 13:13| Comment(12) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

再会

JHLプレーオフにて、元HC東京の西村英士コーチと木村祐介選手にお会いしました。
木村選手とは、去年の五輪予選でも再会していたのですが。


水野裕矢選手の琉球コラソン移籍。
そして、木村選手の三重ホンダクラブの移籍。(大崎電気・東俊介選手のブログAzumaismより。


やっぱり、ハンドボール選手はハンドボールに関わっているほうが良いです。この情報は本当に嬉しかったです。


過去を振り返ってみる。
本当にいろいろあったと思います。
悔しかった事・納得いかなかった事。
そして、楽しかった事・嬉しかった事。
昔の文章を見て、ちょっとはずかしかったり。(今も対して変らないかな?)


他の人からみたら、確かに失敗だったのかもしれない。
だけど、あそこであった事は意味があったと思う。
何かに向かおうとしていた意志、それは誰かに必ず残る。
失敗だとしたとしても、その失敗や意志をついで誰かが続く。
そう言う物だと思う。


世界的不況の波でホンダがJHLを撤退した。
しかし、琉球コラソンや三重バイオレットアイリスと言う新たな力が立ち上がった。
JHLに所属していなくたって、トクヤマやシャトレーゼと別の形で続いている。HC岡山やコスモスビッキーズと独自な形で続いている。

HC東京だってVENUS、そして首都圏女子リーグも続いている。
終わりは無い、全てが途中なんだと思う。その中で色々な波がおきている。心地よい波もあれば、荒れた波もある。それに対してどう向き合うか。向き合い方次第で世界も変る。
そういう物だと思う。


閑話休題

あの時出会った選手達は、自分の中で最高の選手だと思う気持ちは変らないです。そして、次のステップへ続いて行きたい。
次の機会はジャパンオープン!楽しみが本当に増えました。
本当に感謝したいです。
posted by mctia at 04:56| Comment(0) | HC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。